広島200か・・86 80010号車(2006年導入)

型式:KC-RH4JEAA 1999年製造
シートモケット:灰色

解説:
ボン・バス開業と同じく、一斉に導入されたレインボーRH。初期ボン・バスの「顔」的存在で、「ネコバス」という愛称で親しまれていました。

この80010号車のみ珍しい経歴を持っており、2003年に一度広島電鉄へ移籍したものの輸送力の見直しで除籍され、2006年に再びボン・バスに移籍しています。2010年に8004580047号車に置き換えられ、その後は第一タクシーで活躍しています。



撮影:西広島駅前
撮影日:2009/11/09

3年間の広電時代を経て、再度ボン・バスカラーをまとった80010号車。「乗合」表記の位置や車体裾の水玉模様など、生え抜きのネコバスとはちょっと違う見た目です。


撮影:西広島駅前
撮影日:2009/02/15

後ろから見ると、ナンバープレート上の「HD Nishi-hiroshima」ロゴは一回り小さいものが貼られています。


撮影:西広島駅前
撮影日:2009/11/27