広島200か16-44 80048号車(2012年導入)

型式:SDG-KR290J1 2012年製造
シートモケット:紺色

解説:
80044号車以来、5年ぶりに導入された中型車。同車の導入により、最後まで残っていたネコバスことレインボーRH80008号車と、初期の自社発注中型車80020号車を置き換えました。

この世代より戸袋窓内蔵の薄型LED行先表示機やLED車内照明の採用、長らくボン・バス車両の特徴であった前ドア窓の「出口」表記の省略、リア窓から見える乗務員名札入れの位置変更など、前回導入の80044号車や同じエルガミオ・レインボーⅡ系で最後に導入された8003880043号車と比較し、様々な変化点が生じています。



撮影:西広島駅前
撮影日:2012/12/12

ボン・バスで初のSDG-規制レインボーⅡ。この世代よりドア側後部のパネルにルーバーが設置されています。これを避けるように、「Bon-Bus」ロゴの寸法と配置が少し変更されています。


撮影:西広島駅前交差点
撮影日:2016/09/02

2008年頃に施工された屋根上の白色塗装。当時は数台に施されたのみでしたが、2016年にも再び白色塗装が何台かに施工されたようで、この車両も同年の春頃に屋根上が白くなっています。


撮影:西広島駅前
撮影日:2013/04/17


撮影:西広島駅前交差点
撮影日:2017/01/18