越後交通 新潟200か・422(2007年導入)

ボン・バス時代の車番:広島22く36-36 80033号車
型式:U-MK117J 1992年製造
シートモケット:紫色(ボン・バス時代と同様)
ボン・バス時代との差異:特に無し

解説:
2003年に広交タクシーより移籍し、2007年に80044号車に置き換えられた80033号車。2007年に越後交通に移籍し、三条営業所に配属されました。ボン・バスでの活躍は4年間と短かったものの、広交タクシー時代より15年もの間、己斐の町を走ってきた車両です。

主に三条市内で活躍していますが、運用によっては長岡市内へ出入りすることもあるようです。



撮影:東三条駅前
撮影日:2009/07/29

新潟の地で復活を果たした元80033号車。 元々が自家用ベースのエアロミディ路線車ということで、越後交通に移籍しても特徴ある見た目です。

窓のスモークフイルム、ドアの出入口表記など、ボン・バス時代のままです。


撮影:東三条駅前
撮影日:2009/07/29


撮影:東三条駅前
撮影日:2009/07/29


撮影:三条営業所
撮影日:2015/02/26

前回の撮影から約6年後、車庫にて再会したときの姿。ステッカーが増えており、ボディ前面が若干痛んでいるものの、導入以来大きく変わっていないようです。


撮影:三条営業所
撮影日:2015/02/26


撮影:東三条駅前
撮影日:2016/06/22

さらに一年後、再び三条地区にて再会した元80033号車。 新製より24年を経過して同社内でも古参車の部類になりましたが、気になっていたボディ前面は手入れがなされたようで、綺麗になりました。


撮影:栄庁舎前
撮影日:2016/06/22


撮影:栄庁舎前
撮影日:2016/06/22


撮影:栄庁舎前
撮影日:2016/06/22


撮影日:2016/06/22

80033号車が広島を離れて以来、約10年ぶりの乗車機会に恵まれました。
越後交通での導入時には、運行に必要なワンマン機器が備え付けられた程度で、ボン・バス時代とほぼ変わらない見た目を保っています。